初夏~晩夏の攻め方

この時期は、猛暑と減水の影響がある場所にいるバスは弱っています。

特に小さい野池では池全体の水温が高くなりすぎてバスの反応も悪いです。

大きめの湖などのフィールドを選びましょう。また暑さで水草が枯れて腐敗したり、赤潮が発生することもあります。

できるだけ水質のいい場所を探しましょう。

直射日光が当たる場所を避け、影になるようなポイントを狙ってみましょう。

表層水温が高くなりがちなので、バスもディープに潜んでいることが多い。

朝、夕は水質のいいシャローを攻め、日中はディープを攻めてみましょう。

シャローを攻めるなら、トップウォーター、バズベイト、クランクベイトなどがいいでしょう。

ディープならラバージグ、ワームでリアクション狙いです。

  •  水質のいい場所を探そう
  • 直射日光が当たらない影を狙う
  • 大きめのフィールドがねらい目

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム