巻き物系ルアーの使い方

クランクベイト

基本的には、投げて巻くことです。ただし、ただ巻いてるだけではダメですよ。

その日のバスの活性に合わせて、巻くスピードを変えてやることが必要です。

あと狙うポイントの深さに合ったクランクベイトを選ぶのも大切です。

常に考えながら釣ることが大事ですね。

ルアーが障害物やボトムに当たると、手元に違和感が伝わってきます。

何かに当たったらロッドを止める。そうするとルアーは浮いてきます

からこの時にあたりがくることが多いですね。

スピナーベイト

基本は、ロッドを立てて巻くだけです。カラーやブレードの違いでアピール力も変わりますので、状況に応じたスピナーベイトをセレクトしましょう。

障害物をかわす能力が高いのでクランクベイトでは攻め切れない場所を攻めることができます。

バイブレーション

これも投げて巻くだけです。 リーリングスピードに変化をつけてバスを誘ってみましょう。

ラトル入りと無し、音の大きなもの小さなものがありますので状況に応じてセレクトしましょう。

広い範囲を探れるので、その日のバスの活性を確認するのに役立ちます。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

コメントを残す