ボトムバンピングとは

ボトムバンピングとは、重量の重いワームリグでボトムを叩くようなアクションをさせることです。

使用するルアーはラバージグやテキサスリグなどで比較的重いシンカーを使う場合に有効なテクニックです。

まず、ルアーをキャストしラインを張りながらフォールさせてボトムに着底したら、ラインのたるみを取ってロッドをシャクってルアーを跳ね上げます。

底を引きずるのではなくルアーをボトムで跳ねさせるようにアクションさせます。

それからまた、ラインのたるみを取ってシャクるのを繰り返します。

ボトムバンピングのメリットは、ズル引きよりも根がかりしにくいのと湖底がウィードに覆われているような場合、ルアーを跳ねさせることでウィードに埋もれることなくバスにアピールできることです。

また、ボトムバンピングによってアクションの緩急がつきますので活性の低いバスに喰い気を起こさせる効果もあります。

このテクニックで重要なポイントは、バスに喰わせる間を作ってやることです。

単調にボトムで跳ねさせ続けるのではなく、ピタッと数秒間止めることで反射的にバイトを誘うことができるのです。

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム