クランクベイトの使い方

クランクベイトは、ストレートリトリーブだけで狙いたいレンジに到達し、ルアー自らバスを誘うアクションをするようにできています。

ですから、ロッドでアクションをつけるよりも、その日のバスのコンディションに合わせたルアーをセレクトすることがポイントになります。

クランクベイトはボディの形状や大きさ、材質による浮力の強さの違い、またラトルが入っているものなどもありバリエーションが豊富なのです。

大切なのは、そのクランクベイトがどの層をカバーできるかということを知っておく必要があります。

バスは、少しでも違うレンジを泳いでいるルアーには反応しないこともあるからです。

シャロークランクは潜行深度が浅くオカッパリでも使いやすい

シャロークランクとは、水面直下から水深1.5mあたりまで潜るタイプのことです。

クランクベイトは浮力が強いので、ボトムストラクチャーに当たった時に巻くのを止めると浮き上がって根がかりを回避することが出来ます。

アクションの基本は、ストレートリトリーブ(ただ巻き)とストップ・アンド・ゴーです。

ボトムにストラクチャーがあるような場所ではストップ・アンド・ゴーで潜らせて、浮かせてを繰り返す縦のアクションが効果的です。

ディープクランクは根がかりも少なくボトムを楽にトレースできます

ディープクランクは基本的にリップが大きくボトムストラクチャーにコンタクトさせても根がかりが少ないルアーです。

ディープクランクには、水深1.5mから2.5mまで潜るミディアムディープのものから、水深4m以上も潜る通常のディープと呼ばれるタイプがあります。

水深の浅い野池などでは、水深2m前後まで潜るクランクベイトが使いやすく、ボトムを楽にトレースすることができます。

クランクベイトは、一定のスピードでリトリーブするだけでバスを誘うことが出来ます。

しかし、闇雲にルアーをキャストしても釣れる確率は低いでしょう。

基本は立ち木や橋脚などの縦ストラクチャーが狙いのポイントになります。

また、ボトムを狙う場合にも、倒木や岩などのストラクチャーのあるエリアを狙ってみましょう。

この時、水深より深く潜るタイプのクランクベイトを使うことで、リップをストラクチャーに当ててヒラを打たせるテクニックも効果があります。

リトリーブのスピードは、バスの活性が高い時は速めに、活性が低い時は遅く巻くのがいいといわれますので、状況によってリトリーブのスピードを変えてみるといいでしょう。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

コメントを残す