スピナーベイトの使い方

スピナーベイトは、バスを釣るために開発されたルアーだといわれています。

ミノーやザリガニなどのバスの餌となる生き物に、まったく似ていない独特のフォルムをしていますので初めてスピナーベイトを見た人は驚かれるかもしれません。

スピナーベイトは、他のルアーにはない障害物回避能力を持ち、立ち木や倒木、アシやウィードの中でも根がかりすることなくうまくすり抜けることができます。

スピナーベイトは障害物回避能力の高い万能ルアーです

 

スピナーベイトは、速く巻いても、遅く巻いてもフォーリングでもバランスを崩すことなく、バスを誘うことができます。

ほとんどのポイントで、バスの活性に合わせたアクションが可能なのです。

ブレードが1枚のものは引き抵抗が小さく、リトーリーブしても浮き上がりにくいのでボトムを探るのに適しています。

ブレードが2枚のものは引き抵抗が大きく、リトリーブすると浮き上がりやすいのでシャローを探るのに適しています。

スピナーベイトの基本テクニックは、ミドルレンジをステディリトリーブです。

しかしながら、水面直下を引くことも出来ますし、ボトムラインをトレースすることも出来ます。

スピナーベイトは、あらゆるレンジに対応出来るルアーなのです。

リーリングスピードは速く巻いても遅く巻いてもきちんとアクションしますので、その日のコンディションによって変えてみるといいでしょう。

リトリーブの途中でストラクチャーにコンタクトさせて、わざとバランスを崩してヒラを打たせるテクニックも効果があります。

ブレードを乱反射させることでフラッシング効果が高まり、リアクションバイトを誘うことができるのです。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

コメントを残す