ダウンショットリグは狙ったピンスポットでじっくり誘えます

ダウンショットリグの特徴は、他のワームリグと比べて、狙ったポイントで止めることができることです。

しかも、リーダーの長さ分ボトムから浮かせながらナチュラルなアクションで誘うことができるのです。

それは、普通のワームリグはフックの上にシンカーがくるのですが、ダウンショットリグはフックの下にシンカーがあるからです。

ですから、狙ったポイントで止めて、そこで軽くシェイクを入れてワームをアクションさせることで、スレたバスにもアピールすることが出来ます。

リーダーの長さは狙うポイントとバスの状態で決めよう

リーダーの長さは15cmを基準にしてセットしてみましょう。

リーダーの長さが2~3cmのショートリーダーは、根がかり回避率が高く、早いテンポで探ることが出来ます。

リーダーの長さが80~100cmのロングリーダーは、手返しは遅くなりますがノーシンカー状態でミドルレンジを狙いたいときに有効です。

シンカーは専用のライン止めが付いたものを使うとセッティングが楽です。

ボトムをしっかり取ることができるウエイトが必要です。

基本的にはライトライン(4~6ポンド)とスピニングタックルで使用するといいでしょう。

ダウンショットリグの基本アクション

ダウンショットリグの基本アクションは、シェイキングとズル引きです。

ストラクチャーをタイトに狙う場合は、ポイントに正確にキャストし、フリーフォールでボトムまで沈めてシェイキングします。

このリグは、ちょっとしたラインの動きでも大きくワームに伝わるので、ロッドアクションは控えめでいいでしょう。

ズル引きは、広範囲をスピーディーにチェック出来ます。

シンカーがボトムを擦るのを感じながら、ここぞというポイントでシェイクを入れてやるといいでしょう。

アウトドア&フィッシング ナチュラム

コメントを残す