バス釣り 陸っぱりからゴムボート、フローターへ

バス釣りで陸っぱりに限界を感じてきた時、次のステップとしてゴムボート、フローターを目指す方が多いと思います。

ゆらゆらと水面を流れながらのバス釣りは、その魅力をさらに増すことでしょう。

ただし長所と短所がありますので、それらを再確認して挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

長所としては、何と言っても陸っぱりでは攻められないポイントを攻められることでしょう。

ゴムボート、フローターを使うことで攻められるポイントは格段に広がります。

直感的に予感するポイントにすぐさま向かうことが出来、今まで行けなかった憧れのポイントにキャスト出来るようになります。

また小回りが利く移動が出来るようになります。

もう少し右、もう少し左というような微調整も水面で自由に動くことが出来ます。
優雅に水面を移動しながら、より自然を感じたバス釣りを楽しむことが出来るでしょう。

最近のゴムボート、フローターは準備や運搬もかつてのものよりもかなり改良されて、容易になっています。

軽量化もはかられて女性でも運ぶことが出来るようなタイプもあります。

空気の注入も手動式でも簡単に、早く入れることが出来るものもあり好みによって様々なタイプが販売されています。 

短所としては、やはり必要な装備と道具を購入する初期費用が必要であるということです。

ショップにも見本があるところもあるので、自分にあったものを楽しみながら選んでください。

最初は比較的安価なものでも大丈夫だと思いますが、底板など必要箇所の強度がしっかりとしたものがお勧めです。

また大きさによっては積める荷物にも限りがあるので、注意が必要になってきます。

陸っぱりで多くの荷物を持ち歩いていた方は、自分のスタイルとゴムボート、フローターの性能をよく見比べて下さい。

また移動も水面を自由に進める一方で、自分で水上を漕いで移動する必要があります。

場合によってはオールを使うので、試せる機会があったらレンタル等で漕いでみて問題なく釣りを楽しめるかを確認することも良いでしょう。 

以上のような長所と短所を確認して、より楽しいフィッシングライフを満喫してもらえればと思います。


アウトドア&スポーツ ナチュラム

期待すべき釣果は、やはりゴムボートやフローターの方が全体的にあがるのではと思います。

思った場所をピンポイントで攻められるのが、釣果を上げる要素だと思います。

またバスが掛かった時のファイトも水面に近いので、より迫力があり実際に引っ張られる感を味わうことが出来るでしょう。

よりバスに近い距離からのダイナミックな釣りを楽しむことが出来るでしょう。

 

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム