スピニングリールとベイトキャスティングリール

バス釣りを楽しむには、道具を上手に選ぶことがとても重要になります。

間違った道具を選んでしまうと、思ったように釣りを楽しむ事が出来なくなってしまうので、注意が必要です。

中でもどのリールを選ぶかは、とても大切なポイントになります。

自分にあったリールを選ばなないと、思い通りにルアーをキャスティングすることが出来ません。

 

 

バス釣りの場合は、ベイトキャスティングリールとスピニングリールの二種類のリールがよく用いられます。

どちらにも個性が有り、メリットとデメリットが有りますので、どちらを選ぶかが釣果に影響する場合も有ります。

まず初心者の場合は、使いやすいスピニングリールを使うことををおすすめします。

とても扱いやすいリールなので、初めて触った人でもある程度は使いこなせるはずです。

もちろん中級者、上級者になっても、スピニングリールを愛用している人は沢山います。

ただし、ラインがヨレるというデメリットが有ります。

これはスピニングリールの構造上、避けることの出来ないデメリットです。

次はベイトキャスティングリールなのですが、このリールは使いこなすのにある程度の慣れが必要になります。

慣れないうちはバックラッシュという、糸が絡むトラブルが起こってしまいます。

ですが、慣れて使いこなすことが出来るようになれば、大変に使いやすいリールです。

スピニングリールよりも太いラインを巻くことが出来ますし、巻き取る力も大きいというメリットも有ります。

また構造上ラインのヨレ無いので、ライントラブルが少なくなります。

 

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム