ラインの種類と選び方

バスフィッシング用としてよく使用されるラインは、ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類です。

それぞれのラインには、メリットとデメリットがあります。

使用するルアーや狙いたいポイントによってラインも変えたほうがいいでしょう。

自分の釣りのスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

ナイロンライン

ナイロンラインのメリットは、何はともあれ値段が安いことです。

ラインというのは、消耗品ですから1度巻いてしまえば、ずっと使えるということではないので値段が安いというのは、大事なことですよね。

しかも、ライン自体がしなやかで柔らかく扱いやすいです。

入門用として、ナイロンラインを薦める人も多いと思います。

では、ナイロンラインの欠点はどういったものでしょうか。

まず、紫外線により劣化して強度が落ちてしまうことです。

バスフィッシング用のラインは、その強さを、lb(ポンド)で表しています。

1lbは、約450gです。

16lbのラインであれば、約7.2kgの加重で切れるように出来ています。

強度が落ちるという意味は、この加重が3kgとか5kgとかでラインがブレイクしてしまうことです。

さらに、ナイロンラインは伸びが多いのです。

この伸び率は、最大で約30%というデータがあります。

30%と言うことは、もし10mラインが出ていれば約3mもラインが伸びてしまうわけです。

これが、感度の悪さに影響しています。

しかし、伸びが多いというのは、悪いことばかりではありません。

突然、大きな力がかかった時、この伸びによってラインブレイクを防ぐことができるのです。

そして、ナイロンラインは水に浮きます。

ライン自体が浮力を持っているので、フローティングタイプのルアーを使用する時には向いていますが、逆にシンキングタイプのルアーや、サスペンドタイプのルアーを使用する時には不向きだと思われます 。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインの特徴は、感度が高いことです。

伸び率は、10~20%位です。

この数字だけ見ても、ナイロンラインより感度が高いといえるでしょう。

それに加えて、ナイロンラインより硬いので、これも感度に好影響を与えます。

また、水に沈むというのも、このラインの特徴です。

ワームやスピナーベイトなどの巻物系ルアーでの釣りにはとても適しているでしょう。

但し、ナイロンラインに比べ、値段がやや高めです。

ライン自体が硬いので、慣れないとライントラブルを起こすことがあり、少々使いにくいかもしれません。

ワームや巻き物系ルアーを中心とした釣りをしようと考えるなら、フロロカーボンラインが良いのではないでしょうか。

PEライン

PEラインは、何と言っても、細くて強いのが、このラインの特徴です。

同じ太さであれば、強度はナイロンラインの3倍と考えられています。

ナイロンラインで10lbの太さなら、PEラインでは何と30lbの強度を持っていることになるのです。

ナイロンラインと比べ、同じ強度ならラインが細くなるので、ルアーの飛距離を伸ばすことができます。

更に、伸びが非常に少なく、伸び率は5%程度です

もともと、海釣りなどで、水深100mとかの釣りをするのに使用されていたラインで、この伸び率の低さが感度の良さにつながっています。

リリーパッドやヘビーカバーを攻めたいときに使うといいでしょう。

一方で、急激なショックには弱いと感じます。

そして、上手く結べないと結び目部分の強度が極端に落ちてしまいます。

最大のデメリットは何と言っても値段がかなり高いことです。

取り扱いが難しいラインなので、初心者には、あまりお薦めできません。

どのラインを選べば良いのでしょうか?

ズバリ、お薦めはフロロカーボンラインです。

フロロカーボンラインを月に1度位のペースで巻きかえるのがいいでしょう。

先にも書いたように、ラインは消耗品です。

使っているうちに、小さなキズがついたり、伸びたりしてどんどん劣化してしまいます。

せっかくヒットさせたバスを、ラインブレイクで逃がさないためにもこまめに交換した方がいいでしょう。

ラインの強度も大切です。

あなたのロッドの適合ラインを調べて下さい。

適合ラインが、6~10lbと書かれていたらこの範囲内の強度のラインを使うようにしましょう。

必要以上に強度の高いラインを使うと、最悪の場合、ロッドを折ってしまう可能性があります。

逆に、著しく強度の低いラインでは、ロッドの弾力を十分に利用することができなくなってしまいます。

最後に、あまり安いラインを買うのは止めた方が良いでしょう。

バスフィッシング用として売られているもので、110yd(約100m)で¥1,500~¥2,000位の物が安心です。

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム