春バス攻略

この時期は暖かい日もあれば寒い日もあるということで・・・

バスはシャローに上がったり深場に落ちたりを繰り返します。

1日の中でも1カ所にとどまりにくいです。

バスも暖かいとシャローに上がるし、寒いと感じたらディープに落ちます。

暖かいなと感じたらシャローを攻め、寒いと感じたらディープを攻める粘り釣りが必要です。

 バスが今どこにいるかを考えてシミュレーションしてみましょう。

また、大きいダム湖よりも小さい野池のほうが水温が上がりやすいのでバスの活性も早く上がります。

シャーローを狙うなら、ヴァイブレーション、スピナーベイトなどの巻物で広範囲を探っていく、ディープならラバージグでシェイクそして長めにポーズを取ることが大切です。

そして、1尾釣って自分なりの理由付けをしてその日のパターンを作ってみましょう。


水温低下の中でワームをバスにしっかり見せて喰わせています。


春の野池でイマカツスイムベイトのバクラトスイマー100を使ってC馬監督が釣りまく­る!
オフセットフックをを優位に活用して半根掛り状態を作り、バクラト神拳奥義を公開!
「巻きすぎる人は釣れない」の理由とは?

3,4月はスポーニング絡みのシーズン

お腹に卵を持つバスも増えて、エサをとって体力をつけて産卵する意識がでてくる時期です。

まず、メスから動き出しシャローで活発にエサをとりはじめます。

だからメインで狙うのはこの*プリスポーンのバスです。

4,5月はミッドスポーニングの時期

産卵が終わるとオスはそのまま巣に残り卵を守ります。このオスは巣に侵入してくるものに対して攻撃してくるのでルアーを引けば簡単に釣れます。

しかし、一度釣られたオスは巣を守らなくなってしまうこともあり、オスが守らなくなった卵は全滅してしまいます。

5,6月はアフタースポーニングの時期

体力がなく、産卵した巣の近くのカバーやストラクチャーで身を潜め、目の前を泳いでくる小魚やザリガニを食べて体力を回復します。

*プリスポーンとは産卵準備中のこと

  • スポーニング行動に合わせて攻め方を変えてみましょう
  • 大きな湖より小さい野池のほうがねらい目
  • 広範囲を探れるルアーを使う

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム