夏バス攻略

夏は気温が高くなりその影響から水温も高くなりがちです。

したがってバスも通常とは少し違った攻め方をしなければなりません。

バスは比較的、水質にはこだわらない魚ですが、それでも夏場に藻や水草などが枯れて腐っているような場所には定着しません。

できるだけ水質の良い場所を攻めるのがセオリーです。

小さな野池ですと池全体の水温が高すぎる場合もあり、この場合はバスも体力を消耗しており、ルアーを追いませんのでできるだけ大きな湖などを選ぶ方が良いでしょう。

午前中は日の当たらないシャローをトップウォーターで、日中は深場をハードルアーではなくワームで攻めると釣果があがります。

夏は人も夏バテしますが、同じように夏バスもぐったりするのです。

暑い日は我々はどういう行動を取るでしょうか。

その行動を良く考えてバスに当てはめてみれば良いのです。

我々が行きたくなるような場所が、バスが好むポイントでもあるのです。

では、夏の暑い日に我々が行きたいところはどこでしょうか。

だれもが思い浮かべるのが、涼しい場所でしょう。

人間にはクーラーがありますが、バスにはそんなものはありません。

クーラーがなければ風通しの良い、日陰へ足がむくことでしょう。

これを夏バスにあてはめると、夏バスにとって心地よい場所は、日陰の風通しのよいところとなります。

水の中に住む魚に、風が関係するのかと訝しがる方もいるかもしれません。

しかしながら、風が吹く場所では水温は下がるのです。

またレンジも重要になっていきます。

暑ければ魚はより涼しい深場に沈むのは容易に想像できます。

ボートからバスを狙う場合、葦の生え際を狙うのが鉄則ですが、夏バスの場合は生え際ではなく、葦の中に投げ込んだ方が釣果は上がります。

琵琶湖でのフロッグゲームはまだこれからだ・・・。シャロー大好き、カバー大好きの大­西健太ガイドが琵琶湖のヒシモでフロッグゲーム!進化したEVERGREEN キッカーフロッグの解説を交えながら、ビッグサイズに挑む。 http://www.brushon.net/

夏場は我々も駅などで、酸欠になる場合があります。

これは魚にも同じことで、出来るだけ酸素の豊富な場所に移動するしかありません。

酸素の豊富な場所は、ずばり流れ込みになります。

流れ込みが見つからない場合は、少しでも水が動いている場所が有効なポイントとなります。

流れ込みも、水が動いている場所もない場合でも雨が降ることによって、急にバスの活性が上がることがあります。

これは雨による溶存酸素量の増加、水温の低下が引き起こす現象です。

夏にバスを狙っていると、暑さで朦朧としてくる場合があります。

そんなときは、ルアーの投げ方や、ポイントの選択も雑になりかねません。

自分ならどこへ隠れるかを考えながらルアーを投げることをおすすめします。

コメントを残す

アウトドア&フィッシング ナチュラム